カリフォルニアは夏真っ盛り!ラグナビーチはいいところ!

2017/07/24

最近さらに暑さが増してきたカリフォルニア。

カラッとした空気

ジリジリと肌に感じる日差し

雲ひとつないと言って良い

空の9割以上が青空のカリフォルニアブルーが

気分を明るくしてくれます。


DSCF4324.jpg


この写真は、南カリフォルニアに来たら一度は行ってもらいたいビーチの一つ。

ラグナビーチです。


DSCF4346.jpg


DSCF4345.jpg



サーフィンなどの海のアクティビティーメインというよりは、

ピーチパラソルをもってのんびり日焼けや読書、

ビーチバレー、バスケットボール、ちょっとした散策などが楽しめます。


このあたりはセレブが多く住んでおり個性あふれるお家や、

上品な街並みでかわいいお土産屋さんなども多く

観光をメインでされる方にはもってこい!


芸術家が多く活動しており、毎年アートフェスティバルが開かれております。

laguna-beach-sawdust-art-craft-festival-courtesy-of.jpg



ロサンゼルスからは南に車で1時間半くらいと少し距離はありますが、

オレンジカウンティに寄られる際には、ぜひとも行って欲しいビーチです。

私は、以前ラグナビーチのホテルの

シーサイドビューのお部屋に泊まったことがあるのですが

お部屋から見える夕日が沈む瞬間はプライスレスです。


oodo.jpg



かわいいフリートロリーバスを利用すればビーチ沿いのドライブも楽しめます。



夜の街も基本的に安全で、ホテルから歩いて行動できるので

一日中楽しめます。

ロサンゼルスのごみごみした感じは肌に合わない

なんて方は、ぜひ小一時間南に足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。


635933471600784254512532888_LagunaBeachCityLights.jpg










comment (0) @ アメリカについて( About United states)

イースター(復活祭)今年は3月27日

2016/03/25
 イースター(復活祭)

先日、お話しした、グッドフライデーに十字架に架けられて死んだイエス・キリストが

その三日後に復活したことを記念する日でキリスト教において最も重要な日です。

_DSC8453.jpg

復活祭の日時は春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝われるために毎年変わるのが特徴です。


アメリカでこの日は、教会で礼拝が行われるほか、様々な行事が行われます。

イースターの行事でイースターエッグを子供たちが探して拾うというエッグハントという遊びがあります。

今年は、息子の学校でイースターイベントが金曜日にあり、

私も卵を準備するお手伝いに行ってきました!

DSC_0686.jpg

子供たちが、自分たちで作ったウサギの耳の飾りをつけて

楽しそうに卵を探す姿はとても可愛かったですね〜w

イースターシーズンならではの光景で、春の訪れを感じます。


イースターエッグとは、本来、復活祭に出される装飾を施したゆで卵なのですが

子供たちが拾うのはお菓子の入ってプラスチックの卵です。

なぜ、卵なのかというと、見た目は動かない卵から新しい生命が生まれることから、

死と復活を象徴しているのだそうです。


それと、子供たちが扮していたイースターバニーとは、

イースターエッグを運ぶウサギだそうです。ウサギは多産であるため生命の復活と繁栄を祝うシンボルになっています。


最近、日本でもイースターのイベントや卵を模倣したデザートなどの売り上げが伸びているそうですね。

なんでも、ディズニーランドのイースターのイベントがブームの火付け役だそうで

【先行予約】ディズニーイースター2016ミッキー&ミニーぬいぐるみセット




ウサギの耳飾りの被り物が人気のようです。

このイベントもクリスマスやハロウィンのように、当たり前のイベントになるんでしょうねw

日本の経済効果に貢献する事を期待しております!


それでは、みなさま良い週末をお過ごしください✌️














comment (0) @ アメリカについて( About United states)

今週金曜はグッドフライデー『聖金曜日』

2016/03/23
 みなさま、お疲れ様です。


今週の金曜日はグッドフライデーです。

グッドフライデーとは、キリスト教用語で復活祭の前の金曜日の事です。

file5591245392251.jpg

イエス・キリストが十字架にはりつけられて処刑された日なのだそうです。

イエス・キリストの12人の弟子の一人であるユダの裏切りによって捕らえられ

手足を釘で打たれて十字架に架けられて処刑されました。


この金曜日をキリストの受難日と呼ばれ、キリスト教徒にとっては重要な日のうちの一つです。

カトリック教会では、この日に断食を行う習慣があったり、ヨーロッパの方では祝日になるそうです。

アメリカでは、州によって違うようで、私の住んでいるカリフォルニアでは祝日ではありません。


グッドフライデーは毎年決まった日はなく、

イースター(復活祭)が春分の日の直後の満月のその直後の日曜日という決まりがあるので

その前の金曜日がグッドフライデーになります。


キリストが亡くなった日なのに、なぜグッドという言葉が使われるのか調べてみたら、

GOD'S ゴッド FRIDAYから変化してGOOD グッドFRIDAYになったとか

または、キリストが人類の罪を背負って身を捧げたため神の救いが万人に注がれたため

ポジティブなグッドという言葉が使われるようになったとか色々な説があるようですね。











comment (0) @ アメリカについて( About United states)

3月17日は緑の日、聖パトリックデイでした。

2016/03/20
  先日、3月17日は聖パトリックデイでした。

別名『緑の日』も呼ばれ、毎年この日は緑色の服を着た人を多く見かけます。

dubstpat.jpg

聖パトリックデイとは、461年にアイルランドを旅しながらキリスト教を広め、各地に修道院、学校、教会を

建てたと言われる守護聖人セント・パトリックをたたえる日です。

彼の命日である3月17日をその日とし、特にアイルランド系の移民の多い地域や都市で盛大に祝われております。

今やアイルランド系やカトリック教徒以外もこの日を楽しんでおり

この時期が近づくと、お店には緑色の商品が多く棚に並びます。

わたしの子供の学校でも、この日は緑色の服を身につけて登校する子が多く

緑色の服を着ていないとつねられるという習慣があるようで、

子供を学校に送った妻が緑色の服を着ておらず、つねられたと言っていましたw

アメリカ各地でパレードはもちろん、緑色のビール、ケーキなどを食べたり

大リーグでは緑のユニフォームやキャップを使用します。

特に凄いのは、シカゴのシカゴ川を緑色に染めてしまうそうで町の風物詩になっております。

1222E5C84AA3E04030A9F0C1479E50DE.jpg



 アメリカでは、『聖パトリックデイ』や『ハロウィン』など様々な記念日や祝日など、

それに関わっている人もそうでない人もみな楽しんで参加していて

いろいろな記念日が混在し、それを楽しむ事が出来る日本のそれと

大して変わらないんだなあとつくづく思います。


色々な文化が融合して、みんなが楽しく、幸せになれればそれが一番良いですよね✌️










comment (0) @ アメリカについて( About United states)