3月17日は緑の日、聖パトリックデイでした。

2016/03/20
  先日、3月17日は聖パトリックデイでした。

別名『緑の日』も呼ばれ、毎年この日は緑色の服を着た人を多く見かけます。

dubstpat.jpg

聖パトリックデイとは、461年にアイルランドを旅しながらキリスト教を広め、各地に修道院、学校、教会を

建てたと言われる守護聖人セント・パトリックをたたえる日です。

彼の命日である3月17日をその日とし、特にアイルランド系の移民の多い地域や都市で盛大に祝われております。

今やアイルランド系やカトリック教徒以外もこの日を楽しんでおり

この時期が近づくと、お店には緑色の商品が多く棚に並びます。

わたしの子供の学校でも、この日は緑色の服を身につけて登校する子が多く

緑色の服を着ていないとつねられるという習慣があるようで、

子供を学校に送った妻が緑色の服を着ておらず、つねられたと言っていましたw

アメリカ各地でパレードはもちろん、緑色のビール、ケーキなどを食べたり

大リーグでは緑のユニフォームやキャップを使用します。

特に凄いのは、シカゴのシカゴ川を緑色に染めてしまうそうで町の風物詩になっております。

1222E5C84AA3E04030A9F0C1479E50DE.jpg



 アメリカでは、『聖パトリックデイ』や『ハロウィン』など様々な記念日や祝日など、

それに関わっている人もそうでない人もみな楽しんで参加していて

いろいろな記念日が混在し、それを楽しむ事が出来る日本のそれと

大して変わらないんだなあとつくづく思います。


色々な文化が融合して、みんなが楽しく、幸せになれればそれが一番良いですよね✌️










comment (0) @ アメリカについて( About United states)
『Hurley』カリフォルニアが生んだサーフブランド | 『オークリー』カリフォルニア生まれのブランド

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する